EaR RECTURE #05 小渕祐介 “Democratizing Architecture”

2016/11/15
EVENT

recture-05_size-01-01-01-01_final-01-01

“noiz EaR (noiz Experiments and Research)”は、日本および世界での「建築情報学」に関する知識や経験、見識を集め、ネットワーク化し、今後のより本質的な変化へのプラットフォームをつくるための研究活動です。
第5回となる11月28日(月)は、東京大学准教授の小渕祐介さんをお迎えします。建築設計・コンピューテーショナルデザインを専門とする小渕さんは、情報社会の建築や都市空間、デザイン文化への影響を研究し、建築とエンジニアリング、コンピューテーションをつなぐ領域横断的なアプローチを行われています。
これまで建築以外の様々な分野の専門家の方々からお話を伺ってきましたが、今回は建築の分野で最新の建築教育に携わる小渕さんにレクチャーいただきます。世界の建築事情や建築教育に興味のある皆様、ぜひお越しください。

日時 : 2016/11/28(MON) 18:15 – 20:30 (18:00開場)
会場 : Impact HUB Tokyo 目黒区目黒2-11-3 印刷工場1階
Web : http://noizear.com/recture/
(※会場の関係上定員がございますので、上記ウェブサイトの参加申し込みフォームからご登録をお願い致します。)

小渕研究室のウェブサイトはこちら
http://obuchi-lab.blogspot.jp/

10+1「コンピュテーショナル・デザインと拡張するAI技術」
建築と情報技術の関係を中心に、人工知能に至るまで小渕さんとドミニク・チェンさんとの対談形式で興味深いお話が展開されています。お時間ある方はご覧ください。
http://10plus1.jp/monthly/2016/07/issue-01.php

BACK