1% Showroom

小川修平の率いるファッションブランド「1%」。東京都渋谷区にある37㎡のショールームのリノベーション/インテリアデザインをnoizが手掛けた。インテリアは寒色を組み合わせたカラースキームを用いて、レディースの洋服の鮮やかな色彩との明快な対比をつくりだした。中央に吊るされたパイプ・シャンデリアが空間を照らし、無彩色の背景に鮮やかなアクセントを添えている。メインの壁、間仕切壁およびステージはすべてコンクリートブロックで構成されている。目地のモルタルを薄く均すことで表面に少しぼかしたグリッドパターンが浮かび上がり、荒々しく男性的なコンクリートブロック壁の表面に柔らかい女性的なテクスチャーをつくりだしている。他の要素は1%のブランドカラーである淡いブルーで塗られている。床はエポキシ樹脂でコーティングし、あたかも空間が水で満たされているような光の揺らぎをたたえている。ショールームと隣接する別のブランドの店舗の空間の境界を示すため、梁下端の面を中心線で分け、ショールーム側の半分を淡いブルーで塗った。そして中心線に沿って青いガラスパーティションを設け、美しい色によって繊細に空間を分節している。

YEAR: 2013

CATEGORY: commercial

STATUS: built

LOCATION: Tokyo, Japan

PHOTO CREDIT: 阿野太一

BACK