PEPPER PROJECT

感情認識パーソナルロボット「Pepper」(ソフトバンク社)に内蔵された聴覚・視覚認識機能の拡張と機械学習の可能性の探究を目的とした実装実験を行った。プロジェクトでは、〈①認識機能の拡張、②機械学習、③掛け合い〉の3つをキーワードにKinect(キネクト)やPepper専用のプログラミング・ソフトウエア「Choregraphe(コレグラフ)」を用いることで、<人の行動パターンの認識と連動>、<人工知能同士の掛け合い>といったいくつかの実験を成功させた。さらに、LAN環境下で光色調整やオンオフの可能な照明器具「Hue」(Philips社)、指向性マイクといった器具を用いることで、人工知能(AI)をインターフェイスとした環境とのインタラクションの可能性を探り、Pepperの機能拡張に挑んだ。プロジェクト動画にはPepper同士による「なぞかけ」やnoizメンバーによる実験風景を収録している。<ノイズメンバーによるPepper 拡張実験 2016年>

YEAR: 2017

CATEGORY: research

STATUS: Built

LOCATION: Tokyo,Japan

COLLABORATOR: 新建築社

PHOTO CREDIT: noiz

BACK