SHIBUYA CAST

渋谷に新たに開館する複合施設のファサードとランドスケープのデザイン・監修を担当した。施設前面に設けられた1000㎡の面積を持つ広場と地形に沿って建物を貫通する通路は、街を行き交う人の流れを誘導するとともに、新たな用途と可能性を空間として街に還元する。広場には円形が集まってできた形の植栽緑地を複数配置し、「ひだ」や「たまり」をもたせることで自然と人が集い、さまざまな居場所が見つかる構成とした。和洋混在させた植物は四季や成長によって表情を変える。ファサードデザインは施設のコンセプトや街の特殊性を汲み、風がぶつかってざわめく梢や捕食者に遭遇して突然向きを変える魚群といった、自然界の中での「群」としての動きに着眼した。施設高層部はリブ状のコンクリートファサードによって動きをもたせている。広場に面した中央部は設備バルコニーが配置されていた。通常ネガティブな要素をポジティブなキャラクターとして扱うための素材、構成や熱環境的な解析を重ね、縦型の無数かつ多方向のルバーで覆う構成とした。光の反射により時間帯、季節や天気、また人の動きに応じて「パッシブ・ダイナミック」に変化していく。

YEAR: 2017

CATEGORY: public

STATUS: Built

LOCATION: Tokyo,Japan

COLLABORATOR: 株式会社日本設計

PHOTO CREDIT: 川澄・小林研二写真事務所

BACK