DNP Milan Design Week “PATTERNS AS TIME”

──Patterns of Nature── 自然界には無数のパターンがあります。ひとつひとつのパターンは、それぞれに異なる環境の下、進化を重ねてきた歴史のユニークな表現型です 例えばシマウマの模様は、重なり合うことで個体の境界をあいまいにし、群として捕食者の目を混乱させ、スケールに応じて異なる機能を生んでいるといわれています 多くの生物の原始形態を保つと考えられる海洋生物の多くは、呼吸をするように色やパターンを変え、時には身を守り、時には求愛を行います ランダムなようで、我々の計算をはるかに凌駕する機能と拡張性を持つ「パターン」というゆたかな知のかたち それらは様々なスケールで、時を超えて、多様な関係性をつむぎだします 本展示においてnoizは、電子ペーパー特有の柔軟性、経時変化を許容するプログラム性、自発光とは異なる独特の質感を活かし、自然界に多様に現れるパターンのエッセンスを展示空間に凝縮することを試みました。電子ペーパーが組み込まれた”ゼブラ”チェアは、自然界に多様にみられるチューリングパターンが浮かび上がったり消えたりすることで、背景に溶け込んだり現れたりを繰り返します。同様に電子ペーパーが組み込まれた”クラゲ”スツールは、海中をただよう生物の幼生のように、ゆっくりと呼吸するように色のグラデーションを変化させます。自然界はパターンでできており、あらゆる生命活動はパターンであるともいえるかもしれません

Year: 2019

Category: exhibition

Status: Built

Location: Milan,Italy

Collaborator: AtMa, 照明計画:岡安泉照明設計事務所

Photo Credit: Daici Ano

         

Link:        https://www.dnp.co.jp/contents/mdw2019/jp/?fbclid=IwAR3aHX8alvfN9RPfGfS_BsAXKiY4rz0TeXYTjysk_Syi2dXBS8GAJmHKuHo

BACK