null2

2025年日本国際博覧会(大阪・関西万博)のテーマ事業「いのちの輝きプロジェクト」で展開される、8つの展示パビリオン「シグネチャーパビリオン」の中の一つ、メディアアーティストである、落合陽一プロデューサーが主導するパビリオン『null2』の建築設計をnoizが担当します。

テーマは、「いのちを磨く」

「未知の風景」- 変形しながら風景を歪める彫刻 -

物理的に現場に行くことの価値を作り出す、人類が未だ見たことのないインタラクティブな構造体。
風景を変換しながら、自然と人間の間にデジタルの自由さを持って調和をもたらすもので、数年に一度しかない世界的に大きなナショナルイベントでしか進展しないような建築やインタラクティブ技術の進歩を巻き起こす。

パビリオンの建築は、来場者の姿と風景を映し、歪ませ、未知の風景を生み出すもので、ヴォクセルをベースに、膜のように湾曲する有機的な鏡面サーフェスを持つ変形建築になります。

Year: 2025

Category: architecture

Status: In Progress

Location: Osaka, Japan

Photo Credit: noiz

       

Press Data Download

Link: 公益社団法人2025年日本国際博覧会協会公式Webサイト【「いのちの輝きプロジェクト」基本計画】

BACK