ROI Showroom

代官山の閑静な住宅地に建つ3階建住宅をリノベーションして、新しいファッションブランドのためのオフィス兼ショールームに転用するプロジェクト。既存建物の道路側ファサードに、柔らかくうねったアルミ製のプレートによるレイヤーをかぶせ、ブランドのシグネチャーである純白のドレスのドレープのようなリズミカルな曲面に再構成した。内部空間は、白く塗装されたフランス古典様式のモールディングによる装飾的かつシンプルな壁面構成を基本とし、その平面的なグラフィックをそのままステンレスフレームとして壁から引き出し立体化して、展示のためのディスプレイラックとした。このラックは、限られたスペースの中で展示の可変性を確保できるように、ハンガーラックやショーケース、棚といった多機能で使えるような構成としてあり、自由な組み合わせで壁面上でレイアウトできるようになっている。白く漂白された古典様式の中に、鏡面仕上の抽象的な立体格子パターンを浮かびあげることで、クラシックさと現代性、平面性と立体性、抽象性と素材感とをあわせもつ、両義性のあいだでゆらぐような独特のブランドイメージを形にしようと考えた。

Year: 2018

Category: architecture

Status: Built

Location: Tokyo,Japan

Photo Credit: 高木康広

       

BACK