2019年に台南市の中心部に新しくオープンした台南市美術館の、既存改修の地下駐車場と地上を結ぶ階段の境界に設置されたアートインスタレーション。地下空間に導かれる自然光を特殊な配列のルーバーによってフィルターすることで、刻一刻と変化する光を、駐車場空間ならではの動的な視覚体験へと翻訳することを意図した。グラフィックデザイナーである原研哉氏とNOIZのコラボレーションによる、四次元のグラフィックデザインの試みでもある。

 

楕円形の階段吹抜をふちどるように短冊状のアルミの薄板を3層に並べ、個々の短冊の回転角が連続的に変化する配置としている。層ごとに回転の位相や周期に微妙に変化をつけることで、インスタレーション自体が光の反射の向きや部分ごとの光量を調整する光学装置となると同時に、モアレ効果と楕円独特の曲率変化による動的な視覚効果を楽しむ装置となるように計画している。地下駐車場は車と歩行者が共存する独特の空間である。視点移動の速度や経路に応じて、多様な角度のルーバーによって生じる干渉縞の揺らぎや、乱反射される自然光の分布は、天候や時間、観察者をパラメーターとしながら常に異なる表情を見せる。装置自体はあくまで静的な構成としながらも、周辺の環境や観察者の変化による独特な陰影のうつろいをダイナミックに、かつインタラクティブに体験することができる。

 

設計においては、既存躯体の施工精度の低さや正確な施工図が存在しない状況に対し、躯体の3Dレーザースキャンを行うことで、全方位に1ミリ以下の精度で正確に形状データを取得して計画をおこなった。ベースとなる既存躯体データが正確であることが前提となってはじめて、光学的な精度でのルーバーの位置や回転角のパラメトリックな調整や、レーザーカッターによる厳密な施工精度の適用を、短工期かつ現実的な工程に落とし込むことが可能となった。また、設計にはゲームエンジンによるリアルタイム・ビジュアライゼーションを全面的に活用し、静的なレンダリングでは得られない、移動や光源の変化に応じた動的な視覚効果の検証を行った。

At the newly opened Tainan City Museum of Art, NOIZ and Kenya Hara co-designed an art installation which links the underground parking space with the ground level, around an oval-shaped staircase. The artwork consisted of an array of vertical louvers with reflective surfaces, intended to translate ever-changing sunlight into a dynamic spatial experience unique to its site, exploring the concept of a 4-dimensional graphic design.

 

The art installation is formed by 3 layers of thin strips of Aluminum plates, arranged in continuously-rotating angles, unique in the way they form an optical device which adjusts the reflective directions of light and brightness of each plate. The installation also respond to the speed and path of movement visually. Louvers set at various angles caused a fluctuation of reflections, a moiré effect that changes based on factors of weather, time and an observer’s movement. While the art installation itself is static, its interaction with sunlight made it possible to experience specific visual patterns. Such interactive effect of the artwork required a highly precise design process, in order to anticipate numerous patterns of movement path and speed, in addition to the moving sunlight.

 

A process made possible with the use of real-time visualization using game engine and 3D-laser scan of the site. The site data was processed with an accuracy with less than 1mm error in every direction, while game engine allowed the design team to verify dynamic visual effects, responding to changes on viewpoint moment and direction of light sources that are impossible to work based on still-rendered images. The project is designed to provide an intriguing experience of emerging from an underground space through a dialogue with one’s own movement and natural light.

Project Name

Shadow In Motion

Information

  • Year

    2019

  • Category

    Computational Design, Architecture, Exhibition, Algorithm, Infrastructure, Installation

  • Status

    Built

  • Location

    台南, 台湾 Tainan, Taiwan

  • Photo Credit

    Kyle Yu

  • Collaborator

    監修: 原研哉

    Supervisor: Kenya Hara

View Detail