NOIZは台北にあるハンブルハウスホテルのルーフスケープ(屋上庭園+プール)を設計した。屋上のウッドデッキには有機的なパターンで植栽とマウンドが配置されており、そこからは大規模なショッピングエリアと有名な台北101タワーが見渡せる。
プールのパターンは「反応拡散」システムになっている。浅い水面のきらめき、サンゴ、波が引いたあとの砂の模様など、様々な自然の水にまつわる現象がプールに描き出され、新しい「アーバン・ビーチ」が都会の真ん中に出現する。シャワーと受付を内包するシンプルなボックスとベンチも、全体のルーフスケープ・デザインのデザイン・エレメントである。ベンチの座面になっている、ユニークなねじれた形状のボリュームは、細いランダムに配置されたスチール棒によって支えられ、軽々と浮遊しているように見える。
プールは夜にはライトアップされ、このルーフスケープはこのホテルのシンボルとして夜空に彩りを添える。周囲にそびえる高層ビル、そして同ホテルの台北101の眺望つきのプレミアルームからも眺めることができる。

NOIZ designed a rooftop recreational space for a newly opened hotel in Taipei, Taiwan. Organic patterns of plant/mound are laid out on the open wooden deck on the rooftop level, looking over the biggest shopping area and the famous Taipei 101 tower.
The swimming pool pattern is created as “reaction diffusion” system, to associate the pool to variety of natural water-related phenomenon, such as reflection pattern in shallow water, brain coral, sand pattern after wave wash-out and so on, to create a new “urban beach” in the middle of the city. Simple boxes containing shower and reception, and benches are also part of the overall roofscape design. A uniquely shaped bench-planter complex is situated in the middle of the deck. The bench seating made out of uniquely formed twisted massing is supported by randomly placed thin steel rods, as if the solid massing has no weight.
The swimming pool would be lit at night to accentuate the rooftop as a symbol of the hotel, which is seen from surrounding buildings soaring above, including the 101-facing premier rooms of its own.

Project Name

Humble House Hotel Roofscape

Information

  • Year

    2013

  • Category

    Landscape, Computational Design, Terraces, Algorithm

  • Status

    Completed

  • Location

    台北, 台湾 Taipei, Taiwan

  • Photo Credit

    Kyle Yu

View Detail