2022-2023 Air Race Shibuya 2022-2023

NOIZがファサードとランドスケープのデザイン・監修を担当しました渋谷の複合ビル「渋谷キャスト」にて、VR/AR/物理世界の3つの領域を連動させるプロジェクト「トリプルキャスト」が立ち上がり、その企画およびプラットフォーム構築をNOIZが担当しています。多様なXR環境が日常に多く入り込む中、VRとAR、現実の場所を統合する汎用的な環境を常設する事例として、世界に先行するプロジェクトとなっています。

 

今回はその第一弾として、渋谷キャストのウィンターイルミネーションをVRおよびAR世界に拡張し、渋谷キャストのスキャンデータおよび設計データを活用してVR Chat内にVR CASTを構築、そこでCASTの周囲および渋谷の上空を飛び回りながらエアレースができる「エアレース渋谷」を開催しました。VR空間内のエアレースは2022年12月にスタートし、各自が自由にレース名をつけて出走し、友人たちとレースを楽しむことが可能です。2023年1月から開催された第二期では、VR空間内のレースを名前で呼び出すことで、レースの様子を渋谷キャストの現地で、まるで目の前の空中でレースが行われているかのように、自分たちの出走レースを「体験」することが可能になります。現地の渋谷キャストの広場には、VR空間と同じスタート/ゴールのイルミネーションが設置され、ARもそれらをマーカーとして発動するなど、現実世界と仮想世界の境界をあいまいにする工夫をちりばめることで、訪れる人を拡張世界へと誘います。

 

NOIZでは上記の統合体験の企画およびディレクション、技術およびビジュアルのコーディネーション、物理環境の設計監理を担当しました。本プロジェクトの主な体験世界は以下の3つです。

 

① VR体験
VRChat上にバーチャル渋谷キャストを構築し、その中で「エアレース渋谷」を常時開催。対応するVR機器があれば、没入型でキャスト周囲の空間に設定されたエアレースのコースを3周してタイムを競うバーチャルエアレースに、誰でも出走が可能です。ゴール後は渋谷の上空やビルの合間を自由に飛び回る、バーチャルキャストならではの飛行体験もすることができます。ワールド構築はVoxelKeiが担当。

 

② AR体験
VR Chat内での「エアレース渋谷」の飛行ログをレースごとに書き出し、渋谷キャスト現地でARとして再現しています。渋谷キャストの建築データを取り込んだオクルージョンを用いて、バーチャルレースを現地広場にて自由視点で再現することで、呼び出したレースの機体が建物の間をすり抜ける様子を、敷地内のいろいろな場所から体験することができる実地型ARです。ARアプリケーション構築はDETORが担当。

 

③ 物理会場体験
渋谷キャストガーデン(広場)に、ウィンターイルミネーションとしてVRキャストと同じスタート/ゴールゲートが設置され、期間限定の渋谷のフォトスポットに。そのほか広場のいろいろな場所にARマーカーが設置され、それらを起点にバーチャルエアレースを呼び出し、その視点からのレースを体験することができます。物理環境の設計はNOIZが担当。

トリプルキャストはVR・AR・物理空間の連動フォーマットを汎用性高く構築し、今後の季節イベントや企業プロモーションイベントでも、より簡易に拡張世界間の連携が可能になるようなプラットフォームです。エアレース渋谷の後にも、同プラットフォームを用いたイベントやプロモーション企画を継続的に実装していく予定です。

【 トリプルキャスト / エアレース渋谷2022-2023 】2022年12月12日(月)- 2023年2月26日(日)/ SHIBUYA CAST. GARDEN

NOIZ was responsible for the design and supervision of the façade and landscape of the Shibuya complex building “Shibuya Cast,” where the “Triple Cast” project was launched to integrate the VR/AR/physical world realms. NOIZ undertook the planning and platform construction for this project. As various XR environments become more prevalent in daily life, this project serves as a pioneering example of integrating VR, AR, and physical locations into a versatile environment.

 

As the inaugural phase, Shibuya Cast’s Winter Illumination was extended into the VR and AR worlds. Utilizing Shibuya Cast’s scan data and design data, NOIZ constructed a VR space called VR Cast within VR Chat. Within this space, they organized “Air Race Shibuya,” where participants could race around the vicinity of Cast and the skies of Shibuya. The VR space air race started in December 2022, allowing individuals to freely name their races and enjoy racing with friends. In the second phase starting in January 2023, participants could summon races by name in the VR space, allowing them to “experience” their races as if they were happening right in front of them in the air above Shibuya Cast.

 

At the physical Shibuya Cast location, a plaza was set up with illumination similar to the VR space’s start/goal points. Augmented reality (AR) markers were placed around the plaza, which, when activated, summoned virtual air races, blurring the boundaries between the real and virtual worlds and inviting visitors into the expanded reality.

NOIZ was responsible for the conceptualization, direction, technical and visual coordination, and supervision of the physical environment for this integrated experience. The main experiential realms of the project include:

  1. VR Experience: VR Cast was constructed within VRChat, allowing for the continuous hosting of “Air Race Shibuya.” Participants with compatible VR equipment could immerse themselves in the virtual air race, competing for the best time over a three-lap course set in the vicinity of Cast. After reaching the finish line, participants could freely fly around Shibuya’s skies and between buildings. VoxelKei was responsible for world construction.
  2. AR Experience: Flight logs of “Air Race Shibuya” from VR Chat were exported for each race and reproduced as AR experiences at the physical Shibuya Cast location. Using building data from Shibuya Cast and occlusion, the virtual race was recreated at the plaza, allowing visitors to experience aircraft flying between buildings from various viewpoints. DETOR handled the construction of the AR application.
  3. Physical Venue Experience: At Shibuya Cast Garden (plaza), Winter Illumination gates identical to those in the VR Cast were installed, along with limited-time photo spots in Shibuya. AR markers were placed in various locations around the plaza, allowing visitors to summon virtual air races from these points and experience races from those viewpoints. NOIZ was responsible for the design of the physical environment.

 

Triple Cast aims to create a versatile platform for interlinking VR, AR, and physical spaces, facilitating easier collaboration between expanded reality realms in future seasonal events and corporate promotional activities. Following Air Race Shibuya, plans are underway to continue implementing events and promotional projects using this platform.

[Triple Cast / Air Race Shibuya 2022-2023] December 12, 2022 (Monday) – February 26, 2023 (Sunday) / SHIBUYA CAST. GARDEN

Project Name

トリプルキャスト エアレース渋谷2022-2023 Air Race Shibuya 2022-2023

Information

  • Year

    2023

  • Category

    Products, Computational Design, Exhibition, Lighting, XR, Installation

  • Status

    Completed

  • Location

    東京, 日本 Tokyo, Japan

  • Photo Credit

    高木 康広 Yasuhiro Takagi

  • Collaborator

    東急株式会社 / 渋谷キャスト / VR: VoxelKei / AR: DETOR

    TOKYU CORPORATION / SHIBUYA CAST. / VR: VoxelKei / AR: DETOR

View Detail