紙の専門商社竹尾が主催する、TAKEO PAPER SHOW “Subtleに出展したシリーズ作品のひとつ。この作品「TONE OF GRAVITY」では、120色のバリエーションを持つ「NTラシャ」を用いて、これに新しく加わった「無垢(白)」、「漆黒(黒)」、「濃赤(赤)」の3色を頂点とする重力場を設定し、遺伝的アルゴリズムによって色の配置を決定した。

NOIZ designed a Gravity field exhibit which had the 3 new color,「無垢(White)」,「漆黒(Black)」,「濃赤(Red)」at the peak, communicating the “TONE GRAVITY” world view using gradations determined by Algorithm.

Project Name

TONE OF GRAVITY

Information

  • Year

    2014

  • Category

    Exhibition, Installation

  • Status

    Completed

  • Photo Credit

    小原清 / amana Kiyoshi Obara / amana

View Detail