原宿のこのアパートは、デザインに関心のある現代的なライフスタイルを持つ若いカップルが所有しています。マスターベッドルーム、バスルーム、キッチンエリアを除き、4ベッドルームアパートメントの改装工事を依頼されました。問題の1つは、南の既存のリビングルームが狭く、広々とした感覚が欠けていたことでした。
私たちの解決策は、リビングルームに隣接するベッドルームをスタディに変換し、その間に隔壁を挿入することでした。壁が開放されると、研究はリビングルームの一部になり、閉じたときにプライバシーが確保された状態で、テクスチャ付きの木の壁が背景に表示されます。壁には本研究のための本棚もあります。研究と隣接する寝室は、廊下に面し、暗い緑のスライドドアがその間に設置されています。スライドドアは、閉じたときに縫い目が最小限の滑らかな壁になります。私たちの家具の設計には、南西のベッドルームにワイヤーサイドテーブル、エントリーエリアにコンソールテーブル、ダイニングルームにワイヤークランチェンジャーがあります。その他の特別に設計された機能には、ダイアルルーム1と2に配置された「リップルスクリーン壁」があり、光を通しながら小さな通気窓を効果的に隠すことができます。

This apartment in Harajuku is owned by a young couple who has a contemporary life style with keen interests in design. We were asked to work on renovation of the 4-bedroom apartment, except for master bedroom, bathroom and kitchen areas. One of the issues was that the existing living room on the south was rather narrow and lacked a sense of spaciousness.
Our solution was to convert the bedroom adjacent to the living room to a study, and insert a dividing wall between in between. When the wall is opened, the study becomes a part of the living room and the textured wood wall appears in the background, while privacy is secured when closed. The wall also accommodates bookshelves for the study. The study and the adjacent bedroom face the corridor, divided by dark green sliding doors installed in between. The sliding doors become a smooth wall with minimal seams when closed. Our furniture design includes wire side tables in the southwest bedroom, a console table in the entry area, and a wire credenza in the dining room 1. Other specially designed features include “ripple screen walls” located in the dining room 1 and 2, which effectively conceal small vent windows while letting light through.

Project Name

C Residence Tokyo

Information

  • Year

    2015

  • Category

    Products, Architecture, Furniture, Residencial, Interiors

  • Status

    Built

  • Location

    東京, 日本 Tokyo, Japan

  • Photo Credit

    長谷川健太 Kenta Hasegawa

View Detail