株式会社大京が展開する「ライオンズマンション」ブランドを新たに「THE LIONS」へと刷新するための、電通、NOIZによるコンセプト提案です。

大京とのワークショップの中で提示された「人生の価値を高める究極のマンション」というテーマから生まれたコンセプト「移動し続けるマンション」に応える形で建築のビジュアライズ化を行いました。

窓から見える景色が変化し、各地のポートを巡りながら暮らす中で、常に多様な出会いや居場所を生み出し、人生の可能性を拓き続ける。従来の「不動産」という概念をビジョンとして、海の上を移動するアイデアに収斂させています。

 

都市という究極の人工物の上に固定される一般的なマンションと大きく異なり、広大な海という自然の中を移動する建築だからこそ、”自然の中にお邪魔させていただいている”という感覚。海上を移動することでむしろ生態系に対して貢献できるような、新しい価値を生む建築にしたいと考えています。屋上が渡り鳥の宿営地になったり、海上フロートの部分が魚礁となり、海洋生物に居場所を提供したり。人だけではなく、さまざまなスケールで生物多様性を育む場所の創出を試みています。

エネルギーはただ消費するのではなく、波浪発電技術を使うことで、海上で暮らしているだけで、エネルギーを生み出していくことも構想しています。

自然の中に佇む住まいであることと、THE LIONSブランドとしての上質さを両立できるように意識され、遠くから見ると、ひとつの建築として憧れ感のある佇まいとしましたが、近づくと、さまざまな人や鳥や微生物などの多くの生き物の居場所になれるような、多孔質なファサードデザインとし、緑が生い茂る屋上も検討されています。

住めば住むほど、人の暮らしはもちろん、生態系や自然をより良くしていける”give and take”が、2050年の価値のひとつになるのではないかと考えています。

 

海上のマンションという閉じられた空間でありながら、さまざまな出会い、居場所があるような、場所作りを意識し、街中の広場のような保育園やスポーツジムで、自然に人が集まり交流する機能を持たせています。

屋上は、多様な動植物の生息地にもなっており、その中で、散歩をしたり、家族で食事をしたり、ぼーっと朝日を見たり、人によって使い方の選択肢がある空間としています。

さらにマンションの中に長く突き抜ける「SKY LINE」は、人の生活が交差し、海上生活での健康を維持するためのランニングコース・サイクルコースとしながら、交流機能を巡る計画としています。

2050年には、今よりさらにライフスタイルが多様化していく中で、ひとつの部屋を所有することは、人生の制約になってくると考え、居室空間も、その日の気分や暮らしに合わせて居室を選べることで、多様な居場所を選べるものとしています。読書をしたいから本棚がいっぱいある部屋で過ごす、とにかくお風呂に浸かって景色を見るなど、マンション内のネットワークを活用して、居室もシェアすることを構想しています。

 

現在の「所有」と「賃貸」という形態から、さまざまな場所や機能を共有しながら、自分の望む暮らしを選択できる新しい価値の提示のため、一つの建築で完結するのではなく、各地に点在するポートやそれぞれの個性を持つ建築と繋がり、自由に移動したり、住む場所を選べるような「ドッキング」形式を試みました。それぞれの建築がユニークな形でありながら、タイリングパターンのように、ランダムに繋がれる全体形状としています。

海上での暮らしは、さまざまな未知との出会いがある一方で、田舎のおばあちゃんと会いづらくなったり、小学校に通いづらくなるなどの制約を乗り越えるため「CONNECTED ROOM」を想定しています。

離れた人が空間や動作を共有することで、さまざまな場所にアクセスします。自由に特定の場所と繋がれるので、住む場所の制約を解放できると考え、建築同士のドッキングや「CONNECTED ROOM」を通じて、人を固定化された住まいから解放する。そして、移動や選択の自由がある住まいにすることで、未知の出会いや物語が広がる暮らしを提案しています。

 

【DESIGNART TOKYO 2023】 2023年10月20日(金)ー 10月29日(日)/ワールド北青山ビル

Dentsu and NOIZ proposed a concept to revamp “Lions Mansion,” a brand by Daikyo Corporation, into “THE LIONS.” During a workshop with Daikyo, they developed a concept called “The Continuously Moving Mansion” to meet the theme of “The Ultimate Mansion to Enhance the Value of Life.” They visualized an architectural structure that changes its view from the window, cruising between various ports, creating constant opportunities for diverse encounters and new places to belong, continuously expanding the possibilities of life. The vision was to shift away from the conventional concept of “real estate” towards the idea of a mobile dwelling on the sea.
Unlike traditional mansions fixed on artificial constructs of cities, this design allows the building to move through the vast natural environment of the sea. This creates a sense of “being welcomed into nature.” By moving across the sea, the architecture aims to contribute to the ecosystem, introducing new values. The rooftop is a habitat for migratory birds, while the floating base is an artificial reef, providing a home for marine life. It aims to create a space that nurtures biodiversity on multiple scales, not only for humans but also for various other living beings.
Energy is not just consumed but also generated through wave power technology, allowing the mansion to create energy simply by living on the sea. The design balances the brand’s quality with the sense of being part of nature. From a distance, the structure presents a single awe-inspiring architectural vision. Up close, the façade features a porous design to provide places for various people, birds, microorganisms, and other living things. The rooftop is also designed with lush greenery in mind.
As people live there, the concept creates a “give and take” relationship, where the architecture contributes to both human living and the ecosystem. This could become a new value for 2050. Although it’s a closed space of a floating mansion, it’s designed to create a place for various encounters and places to belong. It features a square-like area with a nursery school and a sports gym to naturally gather people for social interaction. The rooftop serves as a habitat for diverse flora and fauna, allowing various uses like walking, family meals, or simply watching the sunrise, depending on individual preferences.
Moreover, the “SKYLINE” is a long corridor running through the mansion designed to intersect people’s daily lives and maintain health during sea life. It also functions as a running and cycling course, promoting social interaction. With the diversification of lifestyles by 2050, owning a single room can become a constraint, so the concept allows the choice of rooms based on mood and lifestyle. For example, one could spend time in a room filled with books for reading, or in a room with a luxurious bath with a view. Using the network within the mansion, residents can share rooms, providing more diverse options for places to belong.
The proposal aims to move away from traditional “ownership” or “rental” formats by providing shared spaces with the flexibility to choose desired living conditions. Instead of being bound to one architectural structure, residents can freely move and choose where to live through a “docking” system with various ports and unique architectural buildings. Each structure has a unique design yet connects randomly like a tiling pattern, offering flexibility and freedom to move.
Living on the sea might create challenges, like difficulty in meeting relatives or attending school. To address this, the concept introduces a “CONNECTED ROOM.” By sharing spaces and actions, it allows people to access various places. This frees residents from the constraints of a fixed home, enabling freedom to move or choose places to stay. With building-to-building docking and “CONNECTED ROOM,” the proposal aims to free people from traditional living constraints, offering a lifestyle filled with unknown encounters and stories.
DESIGNART TOKYO 2023: October 20 (Fri) – October 29 (Sun) / World Kita-Aoyama Building

Project Name

THE LIONS

Information

  • Year

    2023

  • Category

    Architecture, Residencial

  • Status

    Propasal

  • Photo Credit

    NOIZ / DENTSU INC./ amana inc.

  • URL

    THE LIONS 2050

  • Collaborator

    Architectual Design:NOIZ / Project Planning:株式会社大京,株式会社電通,株式会社アマナ

    Architectual Design:NOIZ / Project Planning:DAIKYO INCORPORATED,DENTSU INC. ,amana inc.

View Detail