情報、常に再構成される知識の配列は、物理的な形をとり、現代の世界を具現化します。私たちの見かけの安定した物理世界は、現代生活を具現化するデータの入れ替わりと共存しています。デザイン提案「WOVEN」は、上記の概念から着想を得ており、これは現代美術や美術館に固有のものです。したがって、デザインの意図は、構造、スタイル、品質の無限の組み合わせを持つ可能性があるという仮想の状態で、デザインを作成することです。浮遊するボックスや交差する布のアレイを備えた結果のデザインは、大規模な都市建造物にはあまり見られない柔らかく、ほぼ壊れやすい存在を描写しています。この柔らかい質は、単一の実体を作成するのではなく、浸透性のある、活気のあるヘルシンキ市との関与を提供します。

 

ビル基盤の上に見かけ上ランダムに配置された箱状の建物は、交差する空間のネットワークを作成し、スケール、方向、テクスチャ、および機能の常に変化する知覚をもたらします。この水辺の公園の訪問者は、異なるレベルの形状や素材の島を織り交ぜ、ギャラリー内や周囲の風景を自由に探索し、編集することができます。織り構造は、ギャラリー建物を保持し、ダイナミックな照明や空間体験を作り出し、映画祭やプロジェクションマッピングなどのメディアイベントの背景として、展示会に関連する特別なパターンを運ぶバナーやキャリアとして、複数の機能を果たします。織り構造の光と運動的な構成は、美術館に祝祭感を加えます。

Information, a constantly re-ordering array of knowledge, takes physical form as a parametric assortment of data materializes: a reflection on the contemporary world. Our seemingly steady physical world coexists with the shuffling of data that embodies the contemporary life. The design proposal “WOVEN” takes cues from the above concept which is inherent of contemporary art and museums. The design intention, therefore, is to create a design which, at one hypothetical state, could have limitless combinations of structure, styles, and qualities. The resulting design with its array of floating boxes and crisscrossing fabrics depicts a soft and almost fragile presence uncommon to large-scale urban buildings. This soft quality, rather than creating a solid singular entity, offers a permeable and vibrant engagement with the city of Helsinki.

 

A seemingly random arrangement of box-like buildings above a building base creates a network of interwoven spaces, resulting in a constant changing perception of scale, orientation, texture and function. Visitors of this waterfront park could freely explore and edit their own path weaving through islands of shapes and materials in different levels seeing inside of galleries and surrounding scenery. The woven structure serves multiple functions by holding the gallery buildings in place, creating dynamic lighting and spatial experience, and providing a background for potential media events such as projection mapping or movie festival, serving as banners or carrying special patterns related to an exhibition. Light and kinetic composition of the woven structure will add a festivity to the museum.

Project Name

Guggenheim Helsinki

Information

  • Year

    2014

  • Category

    Landscape, Architecture, Parks, Terraces, Cultural

  • Status

    Proposal

  • Location

    ヘルシンキ, フィンランド Helsinki, Finland

  • Photo Credit

    NOIZ

View Detail