3Dモデラの画面上に表示されるワイヤフレームによる立体表示をそのまま物質化した家具シリーズの一つ(他にMoNTUE、Harajuku Apartmentなど)。単体の家具があつまることで、あたかも現実世界がデジタル表現の世界に取り込まれたかのような効果をもたらす。今回は、以前にあった実際の小さなオフィスの構成を表現することで、場所の記憶を物質化することも試みている。

The series deliberately construct outlines of furniture to resemble three-dimensional models in computers, as a way to juxtapose illusion against reality. In this case, by recreating the office that once used to be in a place, we attempted to materialize the memory of the place.

Project Name

WFF for Memorial

Information

  • Year

    2018

  • Category

    Exhibition, Installation

  • Status

    Completed

  • Location

    東京, 日本 Tokyo, Japan

  • Photo Credit

    阿野太一 Daichi Ano

View Detail