東京都心部の角地に計画された小さな集合住宅。斜線制限いっぱいに立ち上げた建物ボリュームに、4つの住戸と店舗が入る。周囲の喧騒を遮断するための堅牢なコンクリート壁を、水平方向をスプーンで無数にすくい取ったような曲面で再構成している。
本来内部にでてきてしまう梁型を外側に押し出し、波打つ曲面の中に包含することで、限られた内部空間を最大化するだけでなく、壁と梁という分化された要素を一体的に取り扱い、その凹凸がポジティブな要素としてファサードに表出することを意図した。このうねった壁面にはランダムな大きさの開口が穿たれ、意図的に建物のスケール感が失われるようにしており、小さい建物ながらも周囲に埋没しない、街角のランドマークになることを目指している。最上部のメゾネットにはクライアントの住戸が入る。コンクリートの荒い質感の外観と対照的に、内部はクライアントのコレクションである若手アーティストの作品を展示するため、ミニマルな空間になっている。

We planned Small collective housing in a corner of central Tokyo. Four dwelling units and a store are included in this building. A solid concrete wall to block the surrounding noiz is reconstructed with a curved surface that is scooped horizontally with spoons.
In general, by extruding the beams coming out inside and including it in the wavy curved surface, not only the limited internal space is maximized but also the differentiated elements of wall and beam are integrated Handling, The unevenness was intended to appear on the facade as a positive factor. Openings of random size on this undulating wall surface, and purposely loses the sense of the scale of the building, aiming to become a landmark on the corner of the street. The topmost maisonette contains the client’s dwelling units. In contrast to the rough texture of the concrete, the interior is minimal space for decorating the work of a young artist who is a collection of clients.

Project Name

Hirakawacho Building

Information

  • Year

    2018

  • Category

    Architecture, Research/Concept, Residencial, Facade, Proposal

  • Status

    Proposal

  • Location

    東京, 日本 Tokyo, Japan

  • Photo Credit

    NOIZ

  • Collaborator

    構造計画:金田充弘/ 構造設計:TECTNICA INC., 秋桜構造計画

    Structural Planning:Mitsuhiro Kaneda / Structural Design:TECTNICA INC., Cosmos structural design studio

View Detail