Materializing Exhibition
Linier Imput 3D-Voronoi Structure

2013年、東京藝術大学で開催されたマテリアライジング展にてnoizが作成したプログラムを出力した実験作品である。「新しい自然な形」を提示することを目指し、一つのプログラミングから入力パターンの違いで何通りもの形態を生成することを可能にしている。データ独自の均質さや軽さ、総体として境界が曖昧になる質をどう物質化するかにこだわり、ポリエステル製三軸織物をレーザーカットし、スタイロフォームを挟んで積層する工法を選択した。その結果、塊のようでもありスカスカでもあり強いような繊細なような不思議なニュアンスが生まれた。小さなスケールから大きなスケールに移行する際に、物性と硬度とのせめぎあいの中であえて変形するものを出力し、その挙動を今後のものづくりのイメージ展開に活かそうと考えている。
It is an experimental work that output a program created by noiz at the materializing exhibition held at Tokyo University of the Arts in 2013. We aim to present “a new natural form”, which makes it possible to generate several different forms from one programming with different input patterns. We were particular about how to materialize uniformity and lightness unique to the data, the boundary ambiguity as a whole, and chose the way laser cutting of triaxial woven fabric made of polyester, laminating with styrofoam sandwiched between them. As a result, a strong and delicate mysterious nuance was born that was like mass or sponge. When shifting from a small scale to a large scale, we are planning to output what is deformed purposely in the interplay between physical properties and hardness, and to utilize that behavior in developing images of future manufacturing.

Project Name

Materializing Exhibition
“Linier Imput 3D-Voronoi Structure”

Information

  • Year

    2013

  • Category

    Exhibition, Installation

  • Status

    Completed

  • Location

    東京, 日本 Tokyo, Japan

  • Photo Credit

    NOIZ

View Detail