Crunch Chair

サークルパッキングとその外向き応力の拘束テンプレートの組み合わせにより、単純な既製品や切り出し部材の工具や接着剤を一切使わない形で椅子を成立させる試み。一定の物理条件を満たす範囲で、個別にカスタマイズが可能で、パイプや拘束材の選択により、色や素材感も自由に選ぶことができる。ユーザーが自らの骨格をスキャンすることで、その体形に応じた椅子の生成も安価に可能になる。

Year: 2019

Category: furniture

Status: Completed

Photo Credit: noiz

       

BACK