Harmonized Chequered
Pattern Sequence
[NOIZ + Junichiro Horikawa]

野老朝雄展「CONNECT」(2017)のために制作されたコラボレーション・映像作品。パターンのもつ完成された二次元性を保ちつつ、画面上で自在に変容させることで、二次元から三次元へ、次元拡張の可能性を視覚化した。CGならではの滑らかさと、歯車が引っかかったような重さの表現を共存させ、概念としての動きに着目している。

The smoothness of CG coexists with the expression of heaviness, as if a gear were caught in a wheel, and the work focuses on movement as a concept.

Project Name

Harmonized Chequered
Pattern Sequence
[NOIZ + Junichiro Horikawa]

Information

  • Year

    2017

  • Category

    Computational Design, Exhibition, Algorithm, Kinetic, Installation

  • Status

    Completed

  • Location

    東京, 日本 Tokyo, Japan

  • Photo Credit

    NOIZ

  • Collaborator

    野老朝雄

    Asao Tokolo

View Detail