Aesthetic Education Award 2015

NOIZは台北市の 国立台北教育大学・北師美術館(MoNTUE、)の依頼を受け、美感教育に関する展示のデザインを担当した。主に中学生・高校生を対象とした展示のため、カラフルかつダイナミックなデザインを意図した。
展示は視覚認識を形成する本質的価値である「比例」(プロポーション)、「色彩」、「質感」、「構成」、「構造」等のカテゴリーで構成される。強い第一印象を与えるため、それぞれのカテゴリーの漢字を立体化した特大サイズの3Dオブジェクトをデザインした。来場者は、まずエントランスでこれらの3D化された言葉に出会う。それらのオブジェは展示のテーマを一見してわかるよう明確に伝え、同時に三次元のゲーム空間に誘い込まれるようなシュールな感覚を呼び起こす。
それぞれの展示エリアはこのダイナミックな特徴を共通に持つが、一方で通常の展示よりもはるかに幅広いスタンドのサイズや高さのバリエーションを備えている。一部分では、床に貼られた色とりどりのカラーテープによって、来場者を各展示スペースへと導いている。敢えて大胆な、そしてシンプルなデザインが組み合わさって、この展示を織りなしている。
NOIZ Architects was commissioned by the MoNTUE (Museum of National Taipei University of Education) in Taipei to design an educational exhibition on the topic of Aesthetics. As the exhibition aims for junior-high school and high school students as its main audience, Noiz made the design colorful and dynamic.
The exhibition was organized along six core values of visual perception- proportion, color, texture, composition, and structure. In order to make a strong first impression, Noiz designed the Chinese texts of each core value as over-sized 3D object by extruding each character. Visitors are greeted by these three dimensional Chinese texts at the entrance which not only clarifies the main topics of the exhibition at once, but also gives a surreal feeling of leading the audience into a three-dimensional game space.
The design of each exhibition area follows this dynamic characteristic with more than usual amount of variation in exhibition stand sizes and heights. In certain areas, Colorful tapes on the floor helped to guide exhibition visitors. A mix of intentionally bold yet simple design helped to weave together the exhibition.

Project Name

Aesthetic Education Award 2015

Information

  • Year

    2015

  • Category

    Exhibition, Exhibition Design

  • Status

    Completed

  • Location

    台北, 台湾 Taipei, Taiwan

  • Photo Credit

    MoNTUE

View Detail