堂島リバーフォーラムが隔年で開催する現代アートの祭典「堂島リバービエンナーレ」の会場デザイン。台北をベースに現代アートコレクターとして活躍しているルディ・ツェン氏がアートディレクターを務め、テーマを「Littele Water」と題した本展。noizは、川の美しさや水の多様性からインスピレーションを得て、H 2 O分子の結合角104.4度(水素原子と酸素原子の間の四面体)をもった展示壁を点在させることで展覧会場を構成している。

NOIZ designed Exhibition space for the third Dojima River Biennale. The exhibition space theme was”Little Water”. Noiz Architects’ partitions, whose corners are angled at more than 90 degrees, take inspiration from the 104.4-degree bond-angle of the H20 molecule (a tetrahedron between hydrogen and oxygen atoms).

Project Name

Dojima River Biennale

Information

  • Year

    2012

  • Category

    Exhibition, Exhibition Design

  • Status

    Completed

  • Location

    大阪, 日本 Osaka, Japan

  • Photo Credit

    NOIZ

View Detail